歯と体型は変えることができる

先週から通い出した歯医者さん。きっかけは、友達に言われた一言。
「歯は一生ものだよ!!」

たしかに・・・と思って過去をふり返ってみたら、

もう軽く3年は歯医者に行ってないことに気付き、歯のメンテナンスの予約をしました。

そうしたら、なんと虫歯が3本もあったらしい。

歯石の除去と歯磨きの指導、虫歯の治療を含めた、私の歯医者さん通いが始まりました。

2回目の今日は、歯磨きの指導をしてもらいました。

歯に薬で色をつけて、普段の磨き方でちゃんと色が落ちるかのチェック。

自信満々だったはずなのに、奥歯の磨き残しが半端なかった・・・(泣)
やさしい歯科助手さんに教えてもらいながら、歯磨きの練習をしてきました。

あと、普段使っている歯ブラシを持っていって見てもらったら、

そこでもダメだしをくらいました。

母がどこかの歯医者さんから買ってきた、とか言っていたやつだったのに。

歯ブラシの表面は平らになっていて、硬さは柔らかめ~ふつう位がいいそうで。
歯磨きに加えて、歯間ブラシなども併用すると尚いいとのこと。

帰りに速攻薬局に行って、歯ブラシと歯間ブラシを買いました(病院で買うと高いのでね)。

歯磨きの途中に血がにじんできていました。

ビビっていたら、それは歯茎の中のいらない血なので

出したまま怖がらないで歯磨きを続けてよいそうです。
「そうなんだ、知らなかった・・・。」

来週からいよいよ虫歯の治療です。ギュイーン、キュイーンとかいう機械の出番だろうな。
嫌いです、あれ。でも、友達に言われたみたいに、歯は一生ものだから、
治療と日頃の努力、がんばります!!

何より、理不尽な世の中において、顔は変えられませんが、歯は歯磨きや矯正で変えることができます。

まあ、顔も整形とかはありますが、一般的ではないと思うので除外します。

そして、体型も同様です。

ライザップのように本気でトレーニングしたり、ミスコンテストに出るような人のように食事制限をすれば痩せることはだれだって可能です。

もちろん、人によって、体質はあるとは思いますが、たとえばカレーやパンなど炭水化物は我慢せずに食べていた人がそれを辞めて、野菜や果物中心の食生活に変えれば大きくどんどん体重が減っていくはずです。

努力は人を裏切らないのです。さらに、キャビテーションなどの痩身エステを体験すれば誰だって美人を目指せます。

モデルみたいになることだって夢じゃありません。

書類作成と書類を預けるまで

本日はとある会社からの申し出で約1ヶ月前に頂いていた海外でうちで作った作品を販売してみないかという申し入れに対しての作品の準備と発送の作業の仕事が全て終わりほっとしていたところでした。

しかしながら、まだひとつ書類作成の仕事と追加の備品を送るという作業が残っておりました。

その作業を本日終わらせる事が出来た訳ではあるのですが、荷物を発送する為に郵便局まで出向いてきたのですが、郵便局に出向く数分前にゲリラ豪雨が発生してしまいました。

仕方が無いので、ゲリラ豪雨の中郵便局に向かいました。足ともはアづファルトで意外と平坦な道のはずだったのですが、それでも高い箇所と低い箇所があり、高い箇所から低い箇所に向かって水が勢いよく流れていました。

ものすごい勢いでした。川が近くにあるのですが、その川の一カ所に溝が両側についていて、その手前に排水のドカンがある場所があります。その水が合流する場所を見て、ビックリしました。

ちょっとした恐ろしささえ感じてしまいました。その数メートル前の水を見て、川でサーフィンができるかもと思ってしまったバカな考えをしていた自分に後悔しました。自然の恐ろしさに改めてびくついた自分がいました。

失敗から学んだ教訓

大学時代、財布を盗まれたことがあります。私は、テニスサークルに所属していました。かなり大人数のサークルで、100名近くが在籍していました。そのテニスサークルでの夏合宿中に、財布がなくなったのです。

人のことを疑うのは嫌ですが、明らかに内部犯行なのです。盗まれたのは、お風呂に入っている時でした。数名で交代でお風呂に行っていたので、部屋が空になることはありませんでした。

だから、私がお風呂に入っている隙に、同じ部屋の人達の目も盗んで、盗ったのです。計画的ではないかもしれませんが、ばれないようにコソコソしていたことには、間違いありません。

私は、そうやって嘘をついたり、人を傷付けるようなことをする人が許せませんでした。正直に名乗り出てくれれば良かったのに、誰も知らないということで、犯人探しが始まりました。合宿の缶詰の状態なので、盗んだ人は財布を持っているはずなのです。

そして、みんなの荷物検査を始めたのです。その矢先、空になった私の財布が、ごみ箱から発見されました。お金もカードも何もかも抜き取られていました。もうこうなってしまっては、犯人は誰なのか分かりません。

一応、警察にも被害届を出しました。私に対する嫌がらせなのか、単にお金が欲しかったのか、今となっても謎です。犯人が分からないままなので、ずっと仲間のことを疑っていました。この問題がスッキリする日は、きっと来ないでしょう。

それ以降、私は財布を肌身離さず、持ち歩くようになりました。

やっと行けた美容室。

今日は、やっと仕事の休みが、2日続けてとれたので、行きたくても行けなかった。美容室に行ってきました。(3ヶ月目ぶりくらいほうち状態の髪の毛で、どうしたら良いかわからない感じまで伸び放題です。)

家からさほど、遠くない場所に去年当たり「オープン」した。行くならそこと決め手いました。その理由は、知り合いが、行って、カットの腕が、よさそうだと私が、思ったからです。(けっこうバッサリ切りたいので技術は、大切です。)

そして、カット料金が、安いです。(カット&スタイリング)で2300円ほどなので、私のお財布には、優しいです。いよいよ店内へ、おしゃれだけれど、シンプルなお店でしたが、私は女性の方にカットして頂きたいので、それを考えると、「おしゃれな男性スタッフが、ほとんどで女性の方は、一人でした。」カットは、男性の方になりました。

が「ムダな」話しをしなくても良くて、私の相談に真剣に聞いてくれて、今まで10年近く、美容室の方に止められていた、肩上スタイルにするのが、一番似合うとまで言って頂き、パーマなしで、見事な「アシメント・ボブ」が人生初で、出来たのです。

しかも、髪のスタイリングが、苦手な私にピッタリな、髪の毛を乾かす時に、手のひらで、うちまきにするだけなので、スタイリング簡単本当に有り難い、まさか今まで反対されていた、スタイルなのに、スタイリングが、簡単なんて信じられない、事が美容室で起きました。楽なぶん、出来ればこまめな、カットをオススメされました。

カットをして頂いた、お兄さんには、お礼をたくさん言ってしまう程、今日は、美容室に行って心から、思いました。今まで、何処に行っても同じと思っていた。私の考えが、ガラリと変わりました。休みを良い、一日で終える事が、出来幸せでした。

彼氏が褒められるとうれしい

ここ最近、「彼氏さんイケメンやねー」「笑顔がかっこいいね!」「180センチもあるの?!」「しかも高学歴、国立のトップ校の理系なんだね」「4か国語ほぼ自由に使いこなせるなんてすごい!」「あの人気者の男の人、彼氏なの?!」と褒められます。

正直、とってもうれしいです♡「料理もできるんだよ!私が遅く帰って来た日は料理作って待っててくれる」「最近毎日筋トレしてるみたい!肩枕最高!」「大学院の研究室でも教授陣にかわいがってもらってるみたいなんだ~!」と、得意げに自慢してしまいます。

極め付きには、「しかも、私のことがめっちゃ大好きなんだ!毎朝毎晩、好きって言ってくれる。」「毎日が思い出!」とこれ以上に無いほどのろけてしまいます。彼さえいれば、お互いに学生で貧乏だろうが、毎日幸せです。スーパーに食材を一緒に買いに行くだけでも、この上ない幸福感で満たされます。

彼がきれい好きだから、苦手だった部屋やクローゼット、本棚の整理整頓や、毎日の台所掃除、洗濯も率先してするようになりました。料理も研究して、たくさん美味しいものを作るようになりました。付き合い始めて4年目の彼。私たちの関係は、1年目と、根本的には変わっていないように思います。毎日、良い方向に向かっているようにも感じられます。彼のことを考えるだけで世界一幸せになります。これからも、お互いに自慢の彼氏・彼女でいられるように私も1瞬1秒を頑張ろうと思います。

旅行も恋愛もその直前が一番楽しい。

仕事の付き合いがあって、お互いに助け助けられの関係の、女性の、同業者さん。
最低でも月に1度は一緒に飲みに行っているんだけれど、その人との飲み会は、時間、長いんですよね。
長いのが嫌で面倒ってわけでは、もちろん、ないのです。

同業者なので仕事や業界の話はもちろん、お互いに独り身・旅好きだってこともあるので
「今日は絶対2時間でお開きですからね」と決めて飲み始めたとしても、2時間でお開きになったためしはない。
短くても3時間、長ければ2軒目行ったりしてると夕方5時ごろから11時か12時頃まで。

いやぁたった二人の飲み会でなにをそれだけしゃべることがあるの?って自分でも思うぐらい長いのです。
それだけ長い時間飲み続けていると、もうお互いへろへろです。泥酔です。イスからまともに立ち上がれません。

で、その女性との先日の飲み会。
主なテーマはGWや5月にはどこに旅すれば気持ちいいか?みたいなことでした。
毎回時期が変わるだけで同じようなテーマなんですけどね。
どこがいいのか話をするには、今までにどこに行った事があるかを話さなきゃなりません。

以前ダレダレとはここに行った、とか、この宿はとっても素敵だったとか、そんな話ですね。
そして、これがまた長い。もうね、旅の話っていうより、お互いの思い出話になっちゃってますもん。

しかもそれがここ数年間の話かと思えば、10年ぐらい前の話だったりもするから
「それって今行ったとしても絶対めちゃくちゃ雰囲気とか変わってるはずですって!」って言っても
「いやーあそこは良かった。もう一回行ってみたい」なんて半分回らなくなった口で言うのです。
まぁこちらも酔ってますから、そうですねーと言っておきますけど。

結果、それだけいろんな話をしてもここ2カ月ぐらいの間には旅行の計画はないことと
こちらの恋心に彼女が気づいていないのが、一番の問題なんですけどね。

会社のイベントで、カラオケに行きました

先日、会社のイベントでカラオケに行きました。総勢21名でした。私は待ち合わせには早く行く方なので、集合時間の30分くらい前に着きました。そこは、初めて行くところでした。「一人ぐらいは来ているかな?」と思っていたのですが、誰も来ていませんでした。

10分ほど待ったのですが、まだ誰も来ません。少し、不安な気持ちになりました。「ひょっとしたら、違う場所に来ているのではないか?」とも思いました。もう少し経っても誰も来ないようであれば会社に電話して、場所が合っているかどうかを確かめるための電話をしようと思っていたところに、ようやく一人現れました。

その時は本当に、ほっとしました。それからは続々と集まり出し、カラオケが始まりました。二つの部屋に分かれ、それぞれが好きな曲を歌いました。普段、見ることの出来ない社内の人の姿を見ることが出来て、面白かったです。みんな上手かったです。

ドリンク飲み放題で、ポテトとたこ焼きのおやつがありました。私は、6曲歌いました。そのうちの一曲はアニソンで、女性の方にバックコーラスを入れてもらいながら歌いました。

因みに、その曲はアニメ「軽音」の「ふわふわ時間」です。途中で一回、部屋替えをしました。その一週間くらい前にもカラオケに行きましたが、最近はほとんどカラオケに行っていなかったので、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。「今度の会社のイベント何かな?」今から楽しみです。

看護師の仕事はどこにいてもできます!やっぱり手に職ですよね。